9月議会で一般質問を行った「ヘルプカード」が、春日部市のホームページから

取得できるようになりました。

helpcard1[1]

1、「ヘルプカード」は、障がいや難病のある人が日頃から携帯することで、

緊急時や災害時などに支援や配慮を求めやすくするカードです。

  カードには、次の内容を記入できる欄を設けています。

  名前、 性別、 生年月日、住所および緊急連絡先、 飲んでいる薬の名前と量、

かかりつけの病院、 障がいの種類・等級、 災害の時に必要な手助け、

相手に理解してほしいこと など。

  普段から、障害者手帳や保険証などと一緒に持ち歩いてください

2、「こんなとき役に立ちます」
 
  ちょっとした手助けが欲しいときにカードを提示することで、

どうして困っているのか周囲の人に理解してもらえる。
 
  緊急時(道に迷ってしまったときやパニック時、病気のとき など)

話すことが困難な時にも、 提示するだけで支援を求めやすくなる。

  連絡先を記載しておくことで、連絡ができない状況の時に、

緊急連絡してもらうことができる。

  災害時、支援を受けたいときに提示することで周囲の人の理解を求めやすくなる。

3、配布対象者

  市内在住の身体・知的・精神障がいのある人で希望する人
 
  難病のある人で希望する人
 
  障害者手帳の所持は問いません。

4、配布場所  市役所1階障がい者支援課   庄和総合支所2階福祉課

5、市民の皆さんへ 
 
  障がいのある人が困っているのを見掛けたら「何かお困りですか」と

積極的に声を掛けてください。

  そのとき「ヘルプカード」を提示されたら、記載している内容に沿った支援を

お願いします。

  ヘルプカード様式は、下記のホームページへ。

http://www.city.kasukabe.lg.jp/shougai/kenkou-fukushi/fukushi/shougaisha/documents/helpcard.pdf

ヘルプカード記入例は、下記のホームページへ。

http://www.city.kasukabe.lg.jp/shougai/kenkou-fukushi/fukushi/shougaisha/documents/helpcardrei.pdf

※ 春日部市民の皆様、「ヘルプカード」に是非とも関心を持ってください。

ヘルプカード