2番目 「防災総合避難訓練を企画してください。シュミレーションを。弱者に対しての対応は。

    回答

    ① 防災総合訓練について

    防災総合訓練については、現在、自主防災組織による自主防災訓練のほかに、

    総合的な防災訓練として県防災関係機関、ライフライン機関及び自主防災組織

    (自治会)等の参加による地域別防災訓練を実施しております。

    この訓練は自助・共助における防災力向上を目的としており、避難訓練、

    地震体験訓練、ライフライン機関の電気・ガス機器取り扱い訓練、

    電話安否確認訓練等に対して、参加者が直接訓練を実施していただく

    ものであります。

    今後も、この防災関係機関も参加する総合的な地域防災訓練を、

    春日部市自主防災組織連絡協議会の意見等を伺いながら、実施してまいります。

    ② シュミレーションについて

    シュミレーションについては、本年7月、192の自主防災組織を対象に災害時

    を想定して、事前に災害対応をイメージする災害頭上訓練(DIG:ディグ)

    を実施し、自主防災組織の充実強化を図ってまいりました。(118名参加)

    この訓練は、参加者が地域の地図を囲み、災害をイメージして避難場所や

    役に立つ施設、危険な場所や困った人が発生しないかなど、気づいことを

    地図に書込み、個人と地域の取り組みの重要性を再認識する訓練で

    あります。今後は、避難所の運営や対応をイメージする避難所運営訓練

    (HUG:ハグ)につきましても、春日部市自主防災組織連絡協議会と
  
    協議し、実施に向けて検討してまいります。

    ③ 弱者に対しての対応について

    災害対応は過去の教訓から謙虚に学ぶ姿勢が非常に大切で、まずは

    「自分の命は、自分で守る」の自助、「自分たちの地域は自分たちで守る」

    の共助が重要であると考えております。

    災害発生時に支援が必要な方に対する対応につきましては、地域で声をかけ合い

    一緒に避難していただくことなど、地域における一連の協力・支援が必要と

    なります。このことから、災害時において、自力で避難することが困難な

    高齢の方や障害のある方などを地域の助け合いにより、避難支援を行って

    頂く「春日部市災害時要援護者避難支援制度」を平成23年3月から、自治会の

    ご協力により導入しております。本制度の導入にあたっては、本制度の趣旨を

    ご理解のうえ、各自治会において、導入自治会として登録することの合意形成

    図って頂き、その後、必要な手続きとして春日部市自治会連合会(事務局:

    市民参加推進課)に「導入自治会内諾書」を提出していただきます。

    その手続きによって、支援を希望する個人の方は、市に「登録届出書兼

    名簿」を提出することができるようになります。市はその名簿を自治会、

    自主防災組織、民生委員、消防団などへ提供することで、支援を希望する

    方に対して、災害時の避難支援を地域の皆様が協力して行って

    いただくものです。なお、自治会によっては共助の取り組みとして、災害

    発生時に支援が必要な方との日頃から「顔の見える関係づくり」を構築し、

    独自の取り組みを実践している地域もあります。

    本制度の導入自治会につきましては、市公式ホームページや広報かすかべ

    に掲載を行うとともに、ご案内リーフレットを関係各課(防災対策課・

    高齢者支援課・障がい者支援課・介護保険課)に配架して周知しております。

    今後も引き続き、本制度の周知に努め、推進を図ってまいります。

    (担当:防災担当課)

      

※  小渕地区の避難訓練での挨拶です。