11月に行われた「小渕本村地区」での会合で出された要望について報告いたします。

1、春バスの件

  質問内容「春日部駅東口で日曜日の運転をやっていない。便数を増やして欲しい」

  
  回答:春バスにつきましては、コミュニティバスの役割として、民間の路線バスが

運行していない、乗り込みの少ない 地域を運行しています。

このため、便利に利用してもらうことと合わせて、 効率的な運航により、

持続可能な地域公共交通とすることを目的としています。

また、春バスの運行に関しては、 市民アンケートなどの結果から、

通勤・通学、福祉施設の利用、買い物、 行政施設の利用が主な目的と

なっており、それらに合わせた運行日やダイヤとしている。

     
日曜日の運行については、春バスの利用実績から、通勤・通学や病院が

休診日であることにより、祝日や振り替え休日は利用者数が大きく

減少していること から、運行しておりません。

     
便数につきましては、今後の利用実績を分析し、春バスの役割に基づき、

より効率的で、 利用者の利便性の向上が図れるよう、

地域の公共交通に ついて協議を行う、春日部市地域交通活性化協議会に

おいて検討を行ってまいります。