市政の動きについて報告します。

1.新しい市立病院の建設工事が入札されました。

落札金額 : 114億8040万円(税込)
落札者  : 大成・正和特定建設工事共同企業体
工期   : 契約の日(6月予定)~平成28年3月18日迄

新病院の周辺については、病院の外周道路を10m、10・5mに広げます。
また、雨水地下貯留施設の整備を行う予定です。

2.河川・下水道事業調整協議会を設置します。

これは、台風やゲリラ豪雨等による浸水被害の早期軽減を図るため、河川と下水道の一体整備を進めるもの。そして、浸水被害が頻発する地区を対象に、県は雨水の受け皿として、河道拡幅や調整池の整備を実施し、市は雨水管やポンプ場、雨水貯留施設の整備などを重点的に実施するもの。

3.市立病院のホームページがリニューアルされます。

平成27年4月からの稼働予定です。

4.第6期春日部高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画が策定されます。

この計画は、平成27年度から平成29年度までの3年間です。

5.第4期春日部障害者福祉計画が策定されます。

平成27年度から平成29年度までの3年間です。
この計画については、「障害者団体からのヒヤリング、パブリックコメント等を実施し、障害福祉サービス利用者のニーズを反映し、障害者の実情に応じた計画になるよう、春日部市自立支援協議会の協力を頂きながら、地域の課題を整理して、見直しを行う」となっております。

6.太陽光発電施設設置場所について

旧沼端小学校第二グランドに決定しました。

7.汚泥再生処理センターの建設について

市内で発生する、し尿及び浄化槽汚泥は、環境センターし尿処理場(豊野町)で処理します。この施設は、平成26年度で、稼働39年目を迎えます。
施設の老朽化が激しく、建て替えが必要な状況です。そこで、新たに(仮称)春日部市汚泥再生処理センターを設置します。

工  期 : 平成26年度から平成28年度の3か年
総事業費 : 約13億円(3か年)

平成29年3月竣工予定です。

8.武里南部・庄和北部地域学校検討協議会から具申の内容について

武里南部地域の谷原中学校・中野中学校については、
学校再編は、「教育環境の充実のため十分な準備期間を設けた上で、この2校の統合を目指す。」中学校2校の再編に当たっては、「既存施設を活用した特色ある学校整備を望む。」学校の跡地については、「有効活用で、地域の活性化の寄与できる整備を望む。」
となりました。
庄和北部地域の宝珠花小学校・富多小学校については、
学校再編は、「複式学級(2つ以上の学年をひとつにした学級のこと)を避けるために、小学校を統合し小中一貫校を目指す。」
2校の再編に当たっては、「モデルとなるような特色ある小中一貫校を望む。」「スクールバス等の導入、放課後児童クラブの整備を望む。」
学校の跡地については、「地域の活性化策として、公共施設整備を望む」となりました。