議会報告
12月議会について(11月27日から12月14日まで)

1、議案について
議案86号 春日部市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営
並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防サービスに係る
介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の制定
について
議案87号 春日部市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関す
る基準を定める条例の制定について
議案88号 春日部市暴力団排除条例の制定について
議案89号 春日部市道路の構造の技術的基準等を定める条例の制定について
議案90号 春日部市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める
条例の制定について
議案91号 春日部市準用河川管理施設等の構造に関する条例の制定について
議案92号 春日部市都市計画手続き条例の制定について
議案93号 春日部市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準
を定める条例の制定について
議案94号 春日部市開発事業の手続き及び基準に関する条例の制定について
議案95号 春日部市下水道事業設置等に関する条例の制定について
議案96号 春日部市春日部自転車駐車場条例の全部改正について
議案97号 春日部市都市景観条例の全部改正について
議案98号 春日部市行政組織条例の一部改正について
議案99号 春日部市行政財産の使用料に関する条例の一部改正について
議案100号 春日部市手数料条例の一部改正について
議案101号 春日部市ひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部改正について
議案102号 春日部市環境センター条例の一部改正について
議案103号 春日部市企業誘致条例の一部改正について
議案104号 春日部市市営住宅条例の一部改正について
議案105号 春日部市都市公園条例の一部改正について
議案106号 春日部市緑の保全と緑化の推進に関する条例の一部改正について
議案107号 春日部市下水道条例の一部改正について
議案108号 春日部市立体育施設条例の一部改正について
議案109号 埼玉県市町村総合事務組合規約の変更について
議案110号 指定管理者の指定について(ひまわり園及びあおぞら)
議案111号 平成24年度春日部市一般会計補正予算(第5号)について
議案112号 平成24年度春日部市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について
議案113号 平成24年度春日部市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について
議案114号 平成24年度春日部市介護保険特別会計補正予算(第2号)について
議案115号 平成24年度春日部市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
議案116号 平成24年度春日部都市計画事業西金野井第二土地区画整理事業特別
会計補正予算(第2号)について
議案117号 平成24年度春日部市立看護専門学校特別会計補正予算(第2号)について
議案118号 平成24年度春日部市水道事業会計補正予算(第1号)について
議案119号 平成24年度春日部市病院事業会計補正予算(第2号)について
議案120号 春日部市公平委員会委員の選任につき同意を求めるについて
議案121号 春日部市教育委員会委員の選任につき同意を求めるについて
議案122号 専決処分の承認を求めるについて
(平成24年度春日部市一般会計補正予算(第4号))
上程された議案は以上です。

2、議案の内容説明

・議案36件の内訳は、条例23件、規約の変更1件、指定管理者の指定1件、
予算9件、人事案件2件です。
地域主権一括法により、議案86号、87号、89号、90号、91号、93号は、
新規制定するもの。議案102号、104号、105号、107号は、一部改正する
もの。一部改正は、今現在市条例として存在するものであり、その内容の一部を改正
するだけで、条例として成り立つ。条例は、いずれも平成24年4月1日施行です。
※地域主権一括法とは、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進
を図るための関係法律の整備に関する法律」と言い、平成23年5月2日
と平成23年8月30日に、国より公布されています。所謂、これまで国の
法令で定めた基準のいくつかが、地方公共団体の条例に委任されることになり、
12月議会において、春日部市条例を制定するものです。

・議案88号は、目的は暴排活動の推進に関し、基本理念(暴力団を恐れない、利用し
ない、資金を提供しない、暴力追放3ない運動)を定め、市、市民、事業者の責務を明ら
かにするとともに、暴力団排除活動を推進するために必要な事項を定め、市民生活の
安全と平穏を確保し、社会経済活動の健全な発展に寄与すること。主な内容として、市
の責務、市民及び事業者の責務、市の事業における措置、市による市民及び事業者へ
の支援、青少年に対する教育のための措置が謳ってあります。
条例は埼玉県の暴力団排除条例の範囲内の内容です。

・議案92号は、春日部市の都市計画決定権限が大幅に拡大されたため、都市計画法の
委任条例として各手続きについて定めるとともに、既存の都市計画に関する条例、要
領等を一本化することで、都市計画手続きをより明確にするもの。
平成25年4月1日施行です。

・議案94号は、春日部市開発行為指導要綱は、生活道路幅員6メートルの確保をはじめと
する「公共施設の整備」や「市街地の無秩序化の防止」という面において、市民の方々や
事業者の協力をいただき、春日部市のまちづくりに大きな役割を果たしてきた。しかし、行政
指導の限界が生じており、条例化が必要な状況になっています。要綱行政から、条例として
実行力を持ちながら明確で透明性を確保したルールづくりを行うもの。基本的に、平成25年
4月1日施行です。
・議案95号は、下水道事業の経営健全化を図るため、地方公営企業法の適用が望ましいとの
国の方針を受け、下水道事業を公営企業会計に移行するため、条例を制定するもの。 平成
25年4月1日施行です。
・議案96号は、南桜井駅北側駅前広場に自転車駐車場を設置することに伴い、春日部春日部
自転車駐車場条例及び春日部市庄和自転車駐車場条例を統合し、春日部市春日部自転車
駐車場条例の全部改正を行うもの。平成25年4月1日から施行です。
・議案97号は、春日部市都市景観条例から春日部市景観条例に条例名を改正するとともに、
内容の全部改正を行うもの。平成25年4月1日から施行です。
・議案98号は、市の組織機構を改めるもの。平成25年4月1日から施行です。
・議案99号は、市役所本庁舎立体駐車場の使用料を廃止することに伴い、条例の一部を改正
するもの。平成25年4月1日から施行です。駐車場ゲートシステムは平成25年2月28日を
もって廃止となります。
・議案100号は、国において、「都市の低炭素化の促進に関する法律」の制定に伴い、低炭素
建築物の認定事務棟に係る手数料を徴収するため、条例の一部改正を行うもの。
※社会経済活動その他の活動に伴って発生する二酸化炭素は、その相当部分が都市にお
いて発生しているものであることから、都市の低炭素化を図る必要があります。そのため、都
市の低炭素化の促進を図り健全な発展に寄与することを目的とした「都市の低炭素化の促進
に関する法律」が、平成24年9月5日に公布されました。ちなみに、低炭素建築物新築計画の
認定を受けた建築物には、①所得税控除における優遇措置 ②登録免許税の優遇措置 ③
容積率の特例があります。
平成25年1月1日より施行です。

・議案101号は、「ひとり親家庭の医療費助成制度」は、親が離婚または死亡した子
供のいる家庭に対して、親と子の医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。
ひとり親家庭の医療費の受給資格の認定基準は「児童扶養手当」に準じている。平成
24年8月から、児童扶養手当の支給要件に配偶者からの暴力(DV)で「裁判所か
らの保護命令」が出された場合が加わりました。そのため、条例の一部を改正するも
の。平成24年8月1日から施行です。

・議案103号は、企業誘致奨励措置の対象者の指定要件の緩和や適用地域の拡大を定め
たもの。企業誘致奨励措置の対象者となる企業については「10人以上または市内に住所を
有する常時雇 用従業員数5人以上」とする。適用区域については、現在の産業指定区域に、
新たに市街化調整区域内地区計画区域を追加するもの。
平成25年4月1日施行です。

・議案106号は、春日部市緑化指導基準に関する要綱の規則化に伴い、条例の一部改正を
行うもの。
平成25年4月1日施行です。

・議案108号は、春日部市立体育施設条例の中にある、「春日部市立市民プール」
に関する規定を削るもの。平成25年4月1日施行です。
・議案109号は、白岡町が白岡市になったため、埼玉県市町村総合事務組合規約の
文章を改めるもの。平成24年10月1日から適用された。
・議案110号は、庄和地区にある障がい者施設である、ひまわり園及びあおぞらの運営を、
春日部市 社会福祉協議会に指定するもの。平成25年4月1日より平成28年3月31日まで
の3年間とする。
・議案111号は、補正額は4億7739万2千円です。
補正後予算総額は、654億1862万6千円になります。概要は、国庫支出金及び県支出金
の内示並びに9月補正予算措置後、緊急かつやむを得ない事情により、新たに発生した事業
費などについて対応するため、補正予算編成を行ったもの。内訳としては、①扶助費関連
②新規事業(春日部第Ⅰ児童センター親水広場整備事業等)、③事業費の増額(武里内牧線
整備事業等)④緊急雇用創出事業など。
・議案112号は、平成24年度前期高齢者交付金の確定等により、歳入歳出それぞれ
1億7548万3千円を追加し、予算総額が291億7520万2千円となるもの。
・議案113号は、総務管理費(人件費)の補正です。
・議案114号は、総務管理費等(人件費等)の補正です。
・議案115号は、総務管理費等(人件費等)の補正です。
・議案116号は、債務負担行為(後年度において、経費の支出の義務(債務)を負う契約
を結ぶことです。)で事務機についてです。
・議案117号は、総務管理費(人件費)の補正です。
・議案118号は、債務負担行為(後年度において、経費の支出の義務(債務)を負う契約を
結ぶことです。)で、次亜塩素酸ナトリウム購入と事務機借り上げについてです。
・議案119号は、債務負担行為(後年度において、経費の支出の義務(債務)を負う契約を
結ぶことです。)で、診療材料購入等についてです。
・議案120号は、春日部市公平委員会委員として、黒川エツ子氏が承認されました。
※公平委員会とは、地方自治法第202条の2第2項及び地方公務員法により定めら
れた、職員の勤務条件に関する措置の要求及び職員に対する不利益処分を審査し、
並びにこれについて必要な措置を講ずることを職務とする行政委員会であります。
・議案121号は、春日部市教育委員会委員として、金森良泰氏が承認されました。
・議案122号は、平成24年12月16日に投票・開票された衆議院議員選挙執行に係る予算
についてであります。国から8400万8千円の委託金があり、市としては人件費等に使用した。
また、投票用紙読み取り分類機3台を購入した。

2.一般質問について
・12月10日、月曜日に行いました。内容は下記の通りです。
1点目 .市民が利用しやすい図書館運営について
(1) 中央図書館リニューアル工事の目的と工事内容について
(2 )図書館の蔵書数・貸し出し冊数について
(3 )図書購入費について
(4 )視覚障がい者・高齢者へのサービスについて
2点目 .脳脊髄液減少症について
(1)「障がい者福祉」の中で、障がい者としての認定者又は特定疾患としての扱いについて
(2) 春日部市の取り組みと相談窓口について
(3) 保険適用など県や国への働きかけについて
(4) 教育委員会としての啓発活動及び勉強会等の開催について
(5) 障がいと共に生きながらの奉仕活動について
※詳しくは、市議会ホームページをご覧ください。