・平成25年9月議会について

1、私の一般質問について

1点目、大落古利根川を活用したまちづくりについて

大落古利根川全域の整備は、上流は、杉戸、宮代町から下流は松伏町までで平成27年度が完成予定と聞いています。整備内容が決定したとのこと。その内容等を中心に、質問致します。

① どのような整備を計画しているのか。区域を分けているようですので、各々の区域ごとの工事内容と工期について、伺います。

② 地元住民への説明会の予定とその内容について。

③ 春日部大橋から小渕橋までの区間の整備内容につて。

④ これからの進め方について。

⑤ 新町橋から春日部大橋までの道路後退等の取り組みについて。

⑥ 千本桜構想について。

⑦ 市で行う「川の駅整備事業」について。

⑧ 完成後に市として、遊歩道をどのように、活用していくのか、その構想について。

2点目、学校給食と食育について

春日部市内の学校給食は、「美味しい」と子ども達や保護者の皆さんにも、評判が良く、埼玉県や国から、数多くの表彰を受けております。2005年に成立した、食育基本法においては、食育とは、単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化についての、総合的な教育のことです、とあります。教育現場での給食と、食育についての考え方と、取り組み内容について、伺います。

① 学校給食と地産地消による食材活用について。

② 栄養教諭の今までの役割と成果について。

③ 6月議会定例会で、学校教育支援事業として、「栄養教諭を中核とした食育推進事業の実施」の予算が決まりました。埼玉県内、唯一選ばれた事業ということですが、この内容について。

3点目、人口減少対策について

春日部市の人口は、平成24年12月から、総人口が24万人を切りました。春日部市の今後の人口の予測については、国立社会保障・人口問題研究所において、平成22年の国勢調査の結果に基づき、将来人口を推計しております。今から22年後の、平成47年(2035年)には、20万人を下回ると、予測されています。
生産年齢人口は、平成42年までの20年間で、約3万人減少すると見込まれ、減少率も、約21.9%と、県全体の生産年齢人口の減少率、約12.4%よりも大きな減少率となっております。春日部市においては、「かすかべ未来研究所」において、人口増加策についての研究を行い、人口減少に対する提言を行っているとかすかべ未来研究所でまとめた提言の内容について、併せて、これまで取り組んできた人口増加策とその成果について、伺います。

① 人口の減少、特に生産年齢人口が減少していくと、当然ながら、財政的にも、厳しくなると思います。そのような中で、市政運営をどのように進めていくべきか、考え方を、伺います。

② 人口を増加させていくためには、多くの方々や事業者に春日部市を、選んでもらえるよう、春日部市としての「魅力を増やす」ことが、必要であります。現在のところ、春日部市の特徴、あるいは、他市にはない強みは、何かということについて、はっきりと方向性を、見出すことが、出来ていないのではないか、と感じています。具体的な対策を講じていくべきと、考えますが。

③ 今後の人口減少社会における、春日部市の市政運営について、市長の考えを、伺います。

以上です。

2、平成24年度決算について

概要

一般会計と特別会計(国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、土地取得、下水道事業、西金野井第二土地区画整理事業、看護専門学校)の決算総額は
歳入 1204億6596万2千円
歳出 1153億7801万6千円
差引額   50億8794万6千円となり、繰越額6億6294万7千円を
差し引いた実質収支額は44億2499万9千円となっている。

平成25年3月末の市債残高は、1100億8412万1千円で、
基金残高は、120億5746万2千円となっている。

一般会計決算について

歳入について  689億1642万7000円
(前年度対比12億8375万1000円の増)
市税、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、自動車取得税交付金、地方交付税
分担金及び負担金、財産収入、寄付金、繰入金、繰越金、諸収入、市債が前年度より増となった。主なものは、

(1)市税 固定資産税の評価替えに伴い、減額となった。(評価替えで評価が上昇したのはわずかで、多くが評価替えで下がりました。)都市計画税も減額です。

年少扶養控除の廃止、特定扶養控除の縮減に伴う個人市民税の増、企業業績の回復傾向にと伴う法人市民税の増などにより、前年度より増となった。

(2)地方交付税 普通交付税の基準財政需要額の減よりも、基準財政収入額における固定資産税・地方特例交付金などの減が上回ったため、前年度より交付決定額が増額となった。

(3)国庫支出金 制度改正に伴う子ども手当負担金の減や社会資本整備総合交付金が減額となったことにより、前年度より減となった。

(4)市債 地域振興ふれあい拠点施設整備の完了などに伴い土木費が減少したが、小中学校校舎耐震補強事業の拡大などの教育費の増加などにより、前年度より増加した。

歳出について    656億5025万3000円

衛生費、労働費、教育費が、前年度より増となった。主なものは、

(1)総務費 公共用地および施設取得または施設整備基金積立金や地域振興基金積立金の減額などにより、前年度より減となった。

(2)民生費 障がい者福祉関連扶助費が増となったが、子ども手当・生活保護関連扶助費や国民健康保険特別会計繰り出し金の減などにより、前年度より減となった。

(3)衛生費 ごみ焼却灰運搬処分や内牧地内公園用地取得事業の増額などにより、前年度より増となった。

(4)土木費 地域振興ふれあい拠点施設整備の完了や藤塚米島線・南桜井駅周辺整備が完了間近となったことなどにより、前年度より減となった。

(5)教育費 小中学校校舎耐震補強事業の拡大などにより、前年度より増となった。

(6)公債費 償還元金の減などにより、前年度より減となった。

以上

財政指標等について

区   分 平成24年度 平成23年度
財政力指数  0.765  0.783
実質収支比率(%)    6.5    5.6
義務的経費比率(%)   51.4   52.8
実質公債費比率(%)    9.5   10.5
将来負担比率(%)   42.0   55.8

※財政力指数とは、地方公共団体の財政力を示す指数で、この指数は1に近く、あるいは1を超えるほど財政的に余裕がある団体といわれています。

※実質収支比率とは、実質収支を標準財政規模で割ったもの。通常3~5%が適当とされている。

※義務的経費比率とは、歳出総額に占める義務的経費の割合を表すものです。人件費、扶助費、公債費を義務的経費という。平成23年度埼玉県内市の平均は51.2%です。

※実質公債費比率とは、公債費による財政負担の程度を示すもの。この比率が高くなるほど、財政の硬直化が進行し、新たな政策への予算配分が困難になるなど、行財政運営の自由度が下がることになる。平成23年度埼玉県内市の平均は7・1%です。

※将来負担比率とは、この比率が高くなるほど、今後の財政運営が圧迫される可能性が高くなる。平成23年度埼玉県内市の平均は48.9%です。

3、水道事業会計について
総収益は40億1092万3千円で、総費用は39億4855万5千円であり、
純利益は6236万8千円でした。前年度より減となった。

4、病院事業会計について
業務実績では、入院延患者数は86,641人で、前年度より1804人増となった。
病床利用率は、67.8%となり前年度より増えた。
外来延患者数は161,229人で、前年度より6837人増となった。
外来新患者数は27350人で、前年度より1268人増となった。
経営成績では、総収益 70億1264万8千円
総費用 70億3477万9千円
差 引    2213万1千円の純損失となった。
当年度未処理欠損金は、42億9658万3千円です。

議案について

議案第69号から議案第100号までの審議結果について

議案第69号 春日部市税条例の一部改正について
→賛成多数で可決

議案第70号 春日部市都市計画税条例の一部改正について
→全員賛成で可決

議案第71号 春日部市手数料条例の一部改正について
→全員賛成で可決

議案第72号 春日部市国民健康保険税条例の一部改正について
→賛成多数で可決

議案第73号 春日部市火災予防条例の一部改正について
→全員賛成で可決

議案第74号 ホテル春日部エミナースに対する奨励措置に関する条例の廃止について
→全員賛成で可決

議案第75号 財産の取得について
→全員賛成で可決
(春日部市春日部消防署武里分署災害対応特殊救急
自動車及び高度救命処置用資機材)

議案第76号 財産の取得について
→全員賛成で可決
(春日部市春日部消防署備後分署災害対応
特殊消防ポンプ自動車CD-Ⅰ型)

議案第77号 裁判上の和解について
→全員賛成で可決

議案第78号 平成24年度春日部市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について
→全員賛成で可決

議案第79号 平成24年度春日部市水道事業会計資本剰余金の処分について
→全員賛成で可決

議案第80号 平成24年度春日部市一般会計決算認定について
→賛成多数で可決

議案第81号 平成24年度春日部市国民健康保険特別会計決算認定について
→賛成多数で可決

議案第82号 平成24年度春日部市後期高齢者医療特別会計決算認定について
→賛成多数で可決

議案第83号 平成24年度春日部市介護保険特別会計決算認定について
→賛成多数で可決

議案第84号 平成24年度春日部市土地取得特別会計決算認定について
→全員賛成で可決

議案第85号 平成24年度春日部市下水道事業特別会計決算認定について
→賛成多数で可決

議案第86号 平成24年度春日部都市計画事業西金野井第二土地区画整理事業
特別会計決算認定について
→全員賛成で可決

議案第87号 平成24年度春日部市立看護専門学校特別会計決算認定について
→全員賛成で可決

議案第88号 平成24年度春日部市水道事業会計決算認定について
→賛成多数で可決

議案第89号 平成24年度春日部市病院事業会計決算認定について
→全員賛成で可決

議案第90号 平成25年度春日部市一般会計補正予算(第3号)について
→賛成多数で可決

議案第91号 平成25年度春日部市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について
→全員賛成で可決

議案第92号 平成25年度春日部市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について
→全員賛成で可決

議案第93号 平成25年度春日部市介護保険特別会計補正予算(第1号)について
→全員賛成で可決

議案第94号 平成25年度春日部都市計画事業西金野井第二土地区画整理事業
特別会計補正予算(第2号)について
→全員賛成で可決

議案第95号 平成25年度春日部市立看護専門学校特別会計補正予算(第1号)について
→全員賛成で可決

議案第96号 平成25年度春日部市水道事業会計補正予算(第1号)について
→全員賛成で可決

議案第97号 平成25年度春日部市病院事業会計補正予算(第2号)について
→全員賛成で可決

議案第98号 平成25年度春日部市下水道事業会計補正予算(第1号)について
→全員賛成で可決

議案第99号 和解及び損害賠償の額を定めるについて
→全員賛成で可決

議案第100号 平成25年度春日部市水道事業会計補正予算(第2号)について
→全員賛成で可決

※意見書についての結果

議第13号 地方税財源の充実確保に関する意見書→賛成多数で可決

議第14号 若い世代が安心して就労できる環境等の整備を求める意見書
→賛成多数で可決

議第15号 政府の責任による東京電力(株)福島第一原子力発電所事故の抜本的な
対策を求める意見書
→賛成少数で否決

議第16号 憲法解釈の信頼を損なう「集団的自衛権」行使の容認に反対する意見書
→賛成少数で否決

※請願についての結果

請願第8号  国保税納税額の軽減を求めるについての請願
→賛成少数で否決

請願第9号  春日部市東西自由通路の設置を求めるについての請願
→賛成少数で否決

請願第10号 市民プールの設置を求めるについての請願
→賛成少数で否決

請願第11号 小中学校すべての普通教室にエアコンの設置を求めるについての請願
→賛成少数で否決

請願第12号 市内公立小・中学校の普通教室に「エアコン設置」を求める請願
→賛成少数で否決

請願第13号 春日部市に第3次救命・救急の設置を求めるについての請願
→賛成少数で否決