令和2年1月24日に埼玉県と東武鉄道は、春日部駅付近連続立体交差事業について協定を締結した。工事期間は令和元年度から令和13年度、除去される踏切数は10か所、事業費は約650億円、負担額は、埼玉県約510億円(県負担分の55%は国の補助金を充てる。残りの45%は埼玉県と春日部市で折半する。)新年度から用地買収に入る予定とのこと。