施設名 図書館(3館) 担当課 社会教育課 定員179名

・これまで使用していなかったレファレンス室、閲覧室などの利用定員を緩和する。

また、終了時間を17時から19時間とする。

施設名 視聴覚センター(6室)→視聴覚ホール、視聴覚研修室、研修室1~3、

教材作成室   担当課 社会教育課 定員162名

・これまで使用制限していた視聴覚ホールなど6室の利用定員を緩和する。

3、公民館(16館)※講堂、会議室等  担当課 中央公民館

・これまで利用制限していた講堂や会議室などの利用定員を緩和する。

4、屋内体育施設(4施設)・総合体育館、市民体育館、市民武道館、庄和体育館

・担当 スポーツ推進課

・共通事項→・利用中止してシャワー室を利用可能とする。

・利用中止していた更衣室について、利用制限(ロッカールームの

利用可能数を半分に制限)を行った上で利用可能とする。

・総合体育館及び庄和体育館及びトレーニング室については、

利用制限を9時~17時までと短縮していたものを、総合体育館については

9時~17時までと短縮していたものを、総合体育館については9時~22時に、

庄和体育館については9時~21時の通常の利用時間へ戻す。

5、高齢者福祉施設(高齢者福祉センター幸楽荘、寿楽荘、薬師沼憩いの家、

  大池憩いの家 

・風呂→30分当たり3~5人に制限する。

①10:30~11:OO ②11:00~11:30 ③11;30~12;00

④12;00~12;30 ⑤12;30~13:00 ⑥13;00~13;30

⑦13:30~14:00 ⑧14:00~14:30

・利用者が多い寿楽荘及び大池憩いの家については、隔日で男性の利用日、

女性の利用日とする。

6、上記の施設について、囲碁・将棋・麻雀について、①最低1m程度の距離を保つ。

②マスクを着用する。 ③対局者との間をビニールシートやアクリル板等で仕切る。

⑤使用後の盤や駒等は利用者が消毒を行う。

飲食について

①食事は可とする。 ②会話は最小限とし、人と人との密接が生じない。

7、市民活動センター・ぽぽら春日部について。

・情報コーナーは、団体情報などの冊子について定期的な消毒作業等を行いながら

閲覧できるようにする。

・閲覧用パソコンは、施設利用予約や市民活動に関する情報検索などに限り

定期的な消毒作業を行いながら閲覧できるようにする。

8、男女共同参画支援センター・ハーモニー春日部

・生涯学習室は、調理目的での利用について可能とする。ただし、飛沫感染予防

として食事は十分な間隔をとり非対面の座席配置や会話を控えるなどの対策と

ともに必要な消毒をおこなう。